読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しなもん日記

はてなのマスコット犬、しなもんの日記。飼い主のれいこんが執筆しています。

散歩中におおさわぎ

しなもんの散歩には、たいてい4才の息子が同行します。ちなみに散歩コースはいつも決まっていて、家のまわりをワンブロック、京都ならではの狭い路地を歩きます。しなもんは、コースを完全におぼえています。

息子は、先週からコマなしの自転車に乗り始めたので、ゆっくり歩くしなもんと私の前後を、16インチ自転車に乗る息子が疾走しています。

時速1〜2kmぐらい?で進む我々を横目に後ろからビューッ、引き返してきてこちらに向かってビューッ。

町内の人が笑いながら、そのおかしな散歩スタイルをながめています。

先日、ぐうぜん自転車でやってきた友達と出会い、一緒に走りはじめた息子。気付けばしなもんと私の目の届かないところまで行ってしまい、途中で友達に接触して転んでしまいました。

近所の人に呼ばれて大慌てで息子のところに向かった私。やむをえず、しなもんを置き去りにしました。

幸い息子のケガはたいしたことがなく、ノロノロと前進するしなもんと再び合流したのですが、その様子を見ていたご近所さんが「しなもんちゃん、とつぜん飼い主さんがいなくなって、”いったいどうしたんかな〜。ぼくは歩いてていいのかな...”、って感じで心配そうだったわよ」と教えてくれました。

ゆったりと散歩をする老犬のまわりで、ガチャガチャする幼児とその母親。しなもんは「またやってるよ」なんてあきれているのかもしれません。