読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しなもん日記

はてなのマスコット犬、しなもんの日記。飼い主のれいこんが執筆しています。

すみっこで診察待ち

f:id:reikon:20130404031507j:plain

なぜか病院の待合室では、長椅子と壁のあいだのせまいスペースに身を置くしなもん

別に診察がこわいとか、ひきこもりたいとか、そういうわけではないと思いますが、やっぱり狭い場所が落ち着くんだろうなあ。

今からでも犬小屋をつくってあげたら喜ぶんだろうか。ついそんなことを考える飼い主です。

 

仲良し散歩

f:id:reikon:20130403014007j:plain

息子が赤ちゃんだったとき、最も大変だったのはしなもんの散歩でした。

庭があるのを良いことに、つい散歩をさぼってしまい、しなもんに申し訳ないことをしました。

今では、町内会を息子はキックバイク(ペダルのない自転車に乗る前段階の乗り物)で疾走し、しなもんは周回遅れでゆっくりゆっくり歩いて、仲良く散歩しています。

散歩中には、いろんな人がしなもんに声をかけてくれます。「がんばってるね」「わしとおなじで足が弱いんやなあ」「キャーかわいい」などなど。

愛され犬のしなもんは、幸せものだなあとつくづく思います。

Red Hair

しなもんの毛は、茶色い。

でもアメリカでは「Red hair」と言われていました。赤毛。

どうやら赤毛はアメリカでは好まれるようです。

コーギーがめずらしいのもあいまって、ご近所さんから赤毛をほめられていました。

年をとって、毛並みも以前よりは悪くなったし、色も薄くなったけど、きれいな赤毛はまだまだ健在です。

病院にて

今日は土曜日。

恒例の病院の日です。

今出川通りぞいのビルにある病院の待合室は、とても大きな窓があります。

ツヤツヤのブルーのタイルの床に日差しが当たるととても綺麗で、気に入っています。

早く到着して、貸し切り状態になった待合室で、ゆったり過ごすしなもん

病院が苦手な犬は多いですが、しなもんはそれほど嫌いではないみたい。

冷たい床が気持ちいいのか、ぺたんと座っておとなしく待ちます。

いっしょに付いてきたおとうと(4才)は、窓から見える車の往来を眺めています。

静かな朝のひとときです。

てくてくてくと路地さんぽ

 

てくてくてく。

京都の良いところは、私道か公道か分からないような狭い道が多いこと。

おかげでしなもんもマイペースでゆっくり歩いています。

写真は我が家のすぐ近くの路地。

クルマが通り抜けできない静かな静かな通りです。

先週、調子をくずして元気が全然なかったしなもん

病院に急いで運び、点滴を打ってもらってフードを変えてみたところ、徐々に活力を取り戻して、散歩でもふらふらせずに歩けるようになってきました。

飼い主も大変だけど、いちばん大変なのは当の本人。

きっとしんどいんだろうなあ。前みたいにいっぱい走り回りたいだろうなあ。

老いるって、仕方ないけど、さびしいことです。

でも、それを受け入れて、今をせいいっぱい生きてもらうしかないです。

だから、飼い主もせいいっぱいサポートします。

寝姿

f:id:reikon:20130328160559j:plain

今日の寝姿です。

横に寝ているヌイグルミは、2007年にカリフォルニアのパロアルト(正しくはイースト・パロアルト。この違いは知る人ぞ知る)のIKEAで買いました。たしか7ドルか17ドルだったと思います。

当時、私たち夫婦としなもんは、Hatena Inc.を設立してアメリカに住んでいました。

Google本社のあるマウンテンビューという、緑の美しい気持の良い街で暮らしていました。

家の隣りには、クエスタパークという広々とした芝生の公園があり、しなもんは毎日そこでテニスボールを追いかけていました。

私たちの家には、日本から頻繁にスタッフや来客がやってきて、常に誰かが滞在していました。

写真にあるヌイグルミは、wanparkという男の子がやってくるときに、シャレで購入して彼の部屋に置いたものです。

これまでになく長期で滞在するというので、必要そうな家財道具をIKEAに買い出しに行ったとき、巨大なカゴにこのヌイグルミが山積みされていて、その様子があまりにアメリカっぽくて面白かったので、思わず手にしたのでした。

これからしばらく一人で我が家に居候するwanparkの部屋の同居人として置いてあげたヌイグルミですが、それほど仲良くはなかったようです。

でもwanparkは、しなもんのことは誰よりも可愛がってくれました。たくさんたくさん、散歩にも連れていってくれました。

彼のおかげで、しなもんはとても幸せなアメリカ生活を送っていました。

あれからもう6年。

ヌイグルミはしなもんのマクラがわりになっています。

老境ですが

 

きのうは思いがけず、たくさんのはてなスターやブックマークをいただいて、おどろくと共に、嬉しかったです。

ああ、しなもんのこと、みんな覚えていてくれた、もしくは思い出してくれたんだなあ。もっとブログで様子を報告しなくちゃ、と思いました。

昨日も書きましたが、15歳のしなもんは、ずいぶんと年をとりました。

もうテニスボールを追うこともなく、ほとんどの時間をゆっくりと寝て過ごしています。

でも、波はあるものの食欲もあって、アイコンタクトもしっかり取ってくれます。

写真は、病院の行き帰りで通る御所(京都御苑)の森でくつろぐしなもんです。

御所のすがすがしい空気のなか、気持ち良さそうです。

通りかかる人からも「かわいいね」と言ってもらえて、なかなか見た目は若いようです。

これから良い季節になりますし、できるだけ外にも連れて行ってあげたいです。